心療内科で自尊心ボロボロの話

 

 

食品会社に勤めて10ヶ月が経った頃。

精神的に限界が近づいていました。

 

毎日毎日、PATMの反応・・・。

それに、仕事でのミス

仕事自体は単純作業が多かったのですが、PATMが気になりミスばかりしていました。

 

これまで色んな仕事をしてきましたが、仕事中は

「2割仕事、8割PATM(他の病気)」

で、頭の中を占めています。

集中力はないと自覚しています。

 

周囲の人は、

「誰だってミスはするんだから」

と、フォローしてくれましたがPATM&ミス、両方で周りに迷惑をかけることで精神は消耗しきっていました。

 

そこで数年前まで飲んでいた「抗うつ薬」をもらおうと、心療内科を受診することにしました。

 

頭が『ボーっ』とはしますがPATMに対する思考が若干マヒする感覚なので、いくらかはマシになります。

以前通っていたクリニックは自宅から車で1時間と遠方にあったので、別のクリニックに行くことにしました。

 

 

受診当日。

受付を済ませ、先にうつの自己診断テストをしました。

テスト内容は、

『いま孤独を感じる』

『体がだるく疲れやすい』

などの項目を4段階でチェックするものでした。

結果をいうと100点満点中、90点

完全に『うつゾーン』でした。

 

 

診療開始。

先生は50代後半くらいの女性の方でした。

 

先生「今日はどうされました?」

たくよ〜「周りの人が気になるんです。」

「どんなふうに?」

「周りの人の咳や鼻水を・・・」

   「自分がさせてるみたいで」

「そんなことあるわけないじゃない」

 

「・・・でも、実際にそうなんです」

   「直接人から指摘もされてます」

   「治療をしている医療機関にも通ってます」

 

「なにそれ・・」

   「ずず〜っ」(鼻すすり)

 

「そこのホームページ見せましょうか?」

「いや、私そういうの(ホームページ見るほどの?)興味ないから」

   「で、どういう治療してるの?」

 

「重金属とかカンジタ…(説明)」

 

「なに!?その病院」

   「そんな治療してるの?」

   「治療費はいくら?」

 

「月4万くらいです。自費で」

 

「・・あなた、騙されてるわね」

「いや、でもちゃんとしたクリニッ…」

「もうそんなのやめなさい」

 

 「ところであなた給料はいくら?」

「手取り13万くらいです」

 

「治療費それくらいでそんな給料じゃ、美味しいものも食べられないわよねえ」

 

 

「かわいそ〜うにぃ」

 

 

 

そうですよ・・・

事実だよ。

ええ、事実ですよ。

給料少ないし、美味しいものもたくさん食べられないかもしれないけど。

でも、

「そんな言い方するか…?」

「他にもっと言い方ないのか?」

しかも、

「こっちの話が終わる前に食い気味に話してくるし」

「自分の意見ばっかり言ってくるし」

 

いくら温厚で『言い争い』『喧嘩』も全然しない、

たくよ〜でも・・・

『右ストレート』

ぶちかましたくなりましたよ。

 

ついでに・・・

『左アッパーも』

 

その後は、

「朝ごはんが大事なの」

   「三食しっかり食べて、薬飲んでれば…」

   「治るわっ!」(キリッ)

 

 

「うるせえ、このクソばばあ」

(心の中で。)

 

次回の予約を強制的にとらされましたが、後日キャンセルしました。

治療方針や言っていることはもしかしたら正しいのかもしれない。

ただ、僕はこの人のことが単純に『嫌い』です。

簡単に人を傷つける言葉を吐ける、ましてや心療内科医という職であるのに。

 

 

自尊心はボロボロになり。

家に帰ってグッタリしました。

※クリニックのクチコミみたら著しく低評価でした。

他の行ったことがある心療内科医は全然マトモな人ばかりでした。初めて行くところはネットでちゃんと調べていくべきですね。

 

 

 

つづく

城崎温泉美味しいもんばっかりなのでオススメです。

コメント