PATM【ぱとむ】発症からのはなし

大学時代中編:孤独

PATMで手のひら返し!悪魔に変わった!の話

大学2年の春休み地元でアルバイトをしていました。そこのバイト仲間『なかむー』とは仲が良かったのですが・・・。のちに、彼が手のひらを返したように、まるで悪魔のような人間に変わったのでした。生活習慣を変えてもPATMは治らないし、絶望した日々だったなぁ。
製造業時代:無思考

心療内科で自尊心ボロボロの話

『PATM』、仕事での連日の『ミス』。この2つで精神が消耗した僕は、以前処方してもらっていた『抗うつ薬』をもらいに心療内科を受診します。これまでとは違う別のクリニックを選んだのですが、そこで医者に言われた言葉に、怒りを覚えるのでした。
大学時代中編:孤独

2ちゃんねるでみつけた!の話

とうとう『2ちゃんねる』(現:5ちゃんねる)の掲示板で『人に咳、くしゃみ、鼻水を引き起こさせる体質』というスレッドを見つけます。「仲間がいた!」という喜びと同時に、「これで治療法も分かり解決するだろう」そう思ったのですが・・・。
大学時代前編:発症

咳、くしゃみ、鼻水、その原因は僕・・・の話

周囲の人の咳、くしゃみ、鼻水の原因はハウスダストではなさそうでした。原因が分からないまま友人達と沖縄旅行へ。しかし、その旅行中ある友人から発せられた言葉が僕の人生の転機となる決定的なものとなりました。
牛乳屋さん時代

仮想通貨でPATM治療?◯千万円がマイナス◯万円に!の話

仮想通貨に投資。そして◯千万円の利益。「PATM治療…いや、もっとお金を…」お金にとらわれた男が『億り人』を目指した結果・・・。ジェットコースター仮想通貨ストーリー!
大学時代前編:発症

鼻水、くしゃみがとまらなくなった友人の話

「鼻すすりや鼻水、くしゃみをしてる人」が自分の周りで多いことにふと気づきました。そのときは花粉症やアレルギー体質の人が多いのだと思っていました。しかしその現象が日に日に増えていき・・・。とうとう友人が自宅に来たとき事件が起こるのでした。