お花見敬遠しがち

 

ぱとむあるあるです。
リーキーガット症候群、社会不安障害、腹鳴り恐怖症、その他あるあるなんかも書きます。

あるあるじゃない日々のことも書くかもです。

共感できなかったらすみません。

 

 

お花見の季節です。

みなさんは花見に行かれますか?

 

毎年、テレビで…

アナウンサー

「今年もこの季節がきました♪」

「桜が満開になった◯◯公園では多くのお花見客が訪れています」

 

花見客A

「ほんと綺麗ですね。日本に生まれてよかったと思います」

 

花見客B「きれいだね〜」

Bの子供「・・きれぃ」

 

C軍団

「うぇーい!花見最高ー!」

「やっぱ、花より団子でしょ!」

「せぇ〜の!かんぱ〜〜い♪」

「うぃーいψ(`∇´)ψ」

 

(・・・いいなあ)

PATMになってから、「うぇいうぇい」人が集まりそうなお花見会場には行ったことがありません。

行ったとしても、人がそれほどいない桜の咲いてるところで見るくらいです。

 

ただ、PATMの呪縛から逃れることはできません・・・

 

数年前に、花見に行ったとき・・・

「ここ、人が全然いないって聞いてきたけどまあまあいるなぁ」

「でも、桜きれいだなぁ」

そう思ったのもつかの間・・・

 

「ずずっじゅじゅー」

 

たくよ〜「んっ?誰かシェイクでも飲んでるんですかね?」

 

「いやっ・・・鼻水でした…」

「近くにいる少年が勢いよく鼻水を吸い込んでおります!」

 

「解説の『松木安◯郎』さんいかがですか?」

 

松木「日本の選手、体調がね。疲れているようにみえるからね」

「そうですね、やはり風邪や花粉症が原因ですかね」

「でもPATMの可能性も・・・」

「まだ分かんないですよぉ〜!諦めちゃダメですよっ!」

 

「そ…そうですよね!」

「気をとりなおして・・・」

 

「おっと!ここで、少年が服のソデで鼻水を…」

 

「アーーーッ!!!危ないッ!!アーーッ!アア嗚呼嗚呼ーーーッ!!!」

 

「っっと、危なかった!」

 

「うぉーい!なんだよ今のッ!」

「レッドカード3枚くらい必要だよこれ!」

「母親が止めなければ危なかったですね」

 

「ん?」 

「ここで母親が鞄に手をつっこ・・・」

母「ささっ!」

 

「ああっ…!」

「えっ!?」

「ハンドっ!?ハンドじゃないよね!!?これね、ビデオで見れないのかな!?ああぁ・・・」

 

「そうですね…こちらからはハンド(ポケット)ティッシュには見えなかったのですが・・・」

『VAR』で確認するようです」

 

「ビデオ判定いま・・・」

「でました…!」

「ん?これはハンド…ですか…?」

「松木さん!ハンドです!!」

「PK!?PK?PK!!PKかぁ!ぅうわぁ!!」

 

PK(PATMのKANOUSEI:反応する可能性)を決められれば『たくよ〜』の精神状態は窮地に追いやられます」

「大丈夫ぅ!川島は漢気のあるキーパーだから止めますよッ!」

「ただ小さい子供のPK成功確率は高いですからね」

「ゴールちょっとずらしたいよね♪」

「そ・・・そうですね。」

 

「さあ少年!」

「大きく助走をとって・・・」

「ティッシュを使って思いっきり鼻を・・・」

「かんだー!!」

 

少年「っげぇほっ!ゲホゲホッ!!」

 

「そしてしたぁぁぁああ!!」

「アアーーーッ!決められたぁああああ!!」

「ァァァァアアアアーー!うわぁぁああ嗚呼嗚呼!!!」

 

「黙って見ましょう」

 

「・・・はいっ。」

 

こうなるので花見にはたまにしか行きません。

 

 

 

おしまい

 

こいこいにハマっております

コメント